So-net無料ブログ作成

大田区内の鉄道駅にもやっとホームドアができます

大田区内の鉄道駅にもやっとホームドアができます。

 1月17日大田区議会交通臨海部活性化特別委員会に、区内の鉄道駅ホームにホームドアが設置される計画が報告されました。

JRは大森駅と蒲田駅に2020年まで
京急電鉄は京急蒲田駅と羽田空港国内線駅に2020年までに
(東急線は昨年12月24日田園調布駅に供用開始開始されました。)

 日本共産党区議団は一貫して区内の全駅にホームドアを設置するよう鉄道事業者に要請し、大田区も区民の安全のために鉄道事業者に強く申し入れするよう要求し続けてきました。
先日は区内の京急雑色駅にて人身事故が発生しています。昨年は馬込駅にて2件続けて人身事故が発生しています。京急穴守稲荷駅では車いすに乗った高齢者が車いすごとホームから転落する事故が発生しました。

 大田区の視力障害者の方々からも、「ホームから転落した経験をほとんどの方がしている」「一刻も早くホームドアがほしい」の要望を受けており、1月12日の新年会の際にも、「区内の全駅にホームドアが設置されるよう、今年も全力をあげる」と挨拶をさせていただきました。多くの方から「よろしくお願いします」と要望がありました。

2020年までの計画は少しで早く実現し、乗降客が多くない駅も1駅も残さずホームドアを設置するよう鉄道事業者に要望していきます。また区も区民の安全のために努力することです。

写真は2013年2月京急本社にて日本共産党区議団の要請行動です。
640_DSCN1519.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0