So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

羽田空港跡地第1ゾーン計画とは?

ikkijigyou-1.jpg

 羽田空港跡地第1ゾーンとは、空港が沖合移転して現在の空港になるまで旧羽田空港があった土地で、現在空き地となっている16・5ヘクタールです。その一部5・9ヘクタールを大田区が約165億円で購入し鹿島建設(株)を代表とする「羽田みらい株式会社」に貸し出す計画が進んでいます。区は50年間の貸料が212億円になるとしていますが、50年先まで責任を負うことができるでしょうか。

 国際的な産業拠点と銘打った計画は、モビリティサイト、医療研究、ロボット研究、イベントホール、温泉文化施設、文化体験館、クールジャパンなどの商業施設などなどで、国内外の企業を呼び込むとしています。

 さらに区は施設内4000㎡を「羽田みらい株式会社」から賃料を払って借りて、区内のモノづくり技術を政界に発信して区内への仕事お越しの事業を行うとしています。

 国家戦略特区構想を活用していますので「羽田みらい株式会社」は優遇税制を受ける予定です。
区民の大切な税金を約165億円も投入して国有地を購入し、国内外の大企業の儲けのための施設になるのではないか、区民のためになるのかの声が上がっています。

 また、跡地は200ヘクタールとし、昭和56年の国との合意で大田区に返すことになっており、区民の憩いの場所等にするという区の計画もありました。
東京都が国に売ってしまったという経過があります。二重三重に区民は裏切られたことになります。

 約165億円の税金に投入となりますが、これだけの予算があれば大変多くのことができます。保育園、特養ホーム、保育料の値下げ、小中学校の給食費の無償化、国保・介護保険料の値下げなどなどです。5月25日の臨時議会で約165億円の補正予算は決定してしまいましたが、広く区民にお知らせし、区民の声を真摯に聞くべきです。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。