So-net無料ブログ作成

大田区議会議員の海外訪問の密着取材テレビ放映をみての雑感

大田区議会議員の海外訪問の密着取材テレビ放映をみて思ったこと

 毎年のように海外にいている大田区議会 議員がどんな調査をしてきたのか?団員以外は全く分からないというのが実態です。しかし今回フジテレビを見て驚くことばかりでした。
12月5日午後2時~4時の大田区議会議員海外親善訪問調査の報告会で日程表は出ましたが、報告会が終わったとたん消去されてしまい、印刷も禁止されていました。(しかし12月22日、突然、議員には報告なくHPに報告書なるものと、「お詫び」が出されました)。
 団員以外には何の視察をするのか知らせないまま出発し、報告会も区民に非公表、議員にも資料も渡さない。なぜここまで秘密にするのでしょうか。税金を使って行っている以上、区民に真っ先に報告すべきです。正式発表する報告書が完成する前でも、どこに行って何を見てきたのかは説明すべきです。

12月18日に「区政施策調査」(ドイツ、ハンガー、イギリス)密着取材のテレビ放映で殊に区民が驚いたのは11月5日土曜日ロンドン市の調査内容でした。「どこから見ても観光旅行だ。」との声が上がりました。
 番組ではバッキンガム宮殿等見学していましたが、報告会ではバッキンガム宮殿の視察等については一切説明を聞いていません。「レンタサイクルを視察していたと」と秋成議員(公明党)がインタビューに応えていましたが、嘘とごまかしの発言に驚きました。レンタサイクルの報告はありましたが、テレビを見る限り5日にはレンタサイクルの調査はしていません。自民党の松原議員と岸田議員は秋成議員を一人残して消えてしまいました。また、高山議員(自民党)は「ロンドンの公共交通について」を報告会で説明していました。地下鉄の案内図の写真を写して「色分けされていてわかりやすい、英語が得意でなくでも利用できる」と説明していたように記憶しています。しかしテレビでは高山議員はバッキンガム宮殿やウェストミンスター寺院などを見学していました。公共交通の調査はどれほどの時間を要したのでしょうか。

 さらに驚いたのは、テレビ局が質問状を送り、それに文書でこたえている場面がありました。その中で「11月5日の調査は、10月28日に急に変更になり空いてしまった。観光に見えてしまっているので、その日の経費はお返しする」というくだりです。「経費は返す」「その日の調査は自費だ」についても一切聞いていません。しかもロンドンの日当は3日分支給されています。しかも税金使ってロンドンまで行っています、行きも帰りも飛行機に乗りホテルに泊まり「その日だけは自費」が通じるのでしょうか。

 11月5日(土)日程について開示請求した団会議の資料によると、
第8回団会議9月26日、日程表案では
  「午前中ロンドン市内調査」テムズケーブルカー、テムズ・クリパーズ
第9回団会議10月19日、日程表案では
「午前中ロンドン市内調査」のみ、テムズケーブルカー(エミレーツ・エアーライン)、テムズ・クリパーズは11月4日(金)に移動しています。
テレビ放映でも報告会でも「ロンドン市内調査のみと変更になったのは出発2日目の10月28日」と、言っていましたが疑問が残ります。オフ日ならオフ日と区民に説明すれば良いのに、なぜごまかしたのでしょうか。

 全体の経費についても疑問が残りますので引き続き調査が必要です。