So-net無料ブログ作成

「人生の最後まで値上げとは」 臨海斎場使用料の値上げ予定

7月の地域産業委員会で「臨海斎場使用料の改定について」が報告されました。
来年4月から使用料(大人の火葬料+収納容器)を
現在34500円から40000円へ改定予定です。

 値上げの主な理由として、
①火葬需要が増大 
②近隣の斎場と比べて低料金 などが挙げられています。

火葬需要が増えれば稼働率が上がり、単価自体は下がるのが通常のはずです。
また民間施設である桐ヶ谷斎場と比べていますが、臨海斎場は公的な施設です。

臨海斎場の目的は「住民の福祉の増進を図るため」と条例で明記されています。民間と比較すること自体間違っており、使用料の値上げは住民の福祉の増進にはつながりません。
 みなさんと力を合わせて値上げストップを求めていきます。

日額旅費(日当)を廃止にする条例案を提出しました

  都議会において日本共産党の6人の引退した都議会議員が4年間積立ていた費用弁償(都議会に出席ごとに1回1万円(23区内)~1万2千円(多摩地域)) 計1017万4000円を東京都に寄付しました。日本共産党は繰り返し費用弁償の廃止を提案してきました。公職選挙法上 受け取りを拒否できないため積み立てていたものです。
 「福祉のために」と、小池都知事にわたし、知事は「大切なお金を預かった」と受け取りました。都議会では議会改革をもとめて費用弁償廃止にになりましたが、寄付は日本共産党だけで他会派は受けとったままのようです。

 第2回定例議会で大田区議会でも本会議・委員会・23区内の視察1日あたり3000円出されている日額旅費(日当)を廃止にする条例案を提出しました。党区議団が各会派に呼びかけ、生活者ネット、緑の党、フェア民が共同提案者となりました。無印も賛成し14人が賛成しました。
 しかし、都議会では賛成した自民党・公明党は、「パフォーマンスだ」「時期尚早だ」などの理由で反対し可決できませんでした。
 23区では、今年度に入って2区が廃止となり、計6区となりました。また2区が実費支給です。廃止・縮小は流れとなっています。

 廃止の区
  台東区、墨田区、杉並区、豊島区、練馬区、荒川区
 実費支給の区
  千代田区、品川区