So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ユナイテッド航空機のエンジンカバーは何処に落ちたのか?


2月13日アメリカ サンフランシスコからハワイに向かっていたユナイテッド航空1175便が飛行中エンジンカバーが外れ、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港に緊急着陸したというニュースが報道された。

乗客がカバーの外れたエンジンや、着陸時の機内の写真を投稿しており、「恐ろしかった」と言っている。

幸いけが人もでていないようだ。

この機体は双発のボーイング777機で事故原因を調べているとのことである。

カバーが外れてもエンジンには大きな影響はないであろうとの意見もあるが、やはり心配である。

 落下したカバーの事故のニュースは今のところ出ていない。

外れたカバーはハワイ周辺の海に落ちたのだろうと思われる。

2020年から羽田空港の機能拡充のため便数を増加し、国際便が都心上空を飛行してA・C滑走路に着陸、B滑走路から羽田・川崎方面に離陸するという新飛経路計画が発表されている。

新飛行経路で今回のような事故が発生したら、落下物は住宅、オフィス、工場、首都高速道路などなどに落下し、人命にも関わる甚大は事故になる恐れがある。

国は落下物対策を重大な問題だとし航空会社等に厳重に指導しているというが、具体的な対策は示されていない。

国内外で最近起きている飛行機事故のニュースを聞くたびに、都心上空新飛行経路案は撤回しかないという思いをさらに強くする。

引き続き、新飛行経路案計画を含んだ羽田空港の機能拡充計画を多くの方々に知ってもらい、中止、見直しを求める運動を広めよう。

nice!(0)  コメント(0) 

特養ホーム待機者は1053人(平成29年6月末)

480_20180105152433850_0001.jpg480_20180105141324584_0001.jpg

上記のように区内に新たな特養ホームが開設されます。喜ばしいことではありますが、

 
特別養護老人ホーム申し込み状況(介護保険課の介護保険業務状況平成29年6月末)をみると、

前月末申し込み数1102人
新規22人
施設入所者数40人、
取り下げ31(転出1、取り下げ11、死亡19)

1053人が希望しているのに入所できない=待機者となっています。

区内の特養ホームの定員は平成29年9月末時点で1773人であり、特養ホームの増設が急がれます。

 また、新設される特養ホームの多くは個室型で、施設費が多床室型より高く、食費、介護費等を含めると国民年金では賄えない状況で、たくわえがない場合は入居がかなり困難です。
 老夫婦でくらしていて一方が入所したら、もう一方の暮らしが厳しくなった。という事例も聞いています。

 特養ホームの増設とともに、「だれでも安心してはいれる特養ホーム」が必要です。
nice!(1)  コメント(0) 

羽田旭町の開発「(仮称)インダストリアルパーク羽田計画」

羽田旭町の開発が進んでおり街の姿が大きく変わってきている。
旧鹿島建設が持っていた土地(クロネコヤマト物流センターの隣地)の開発が決まり、現在急ピッチで建設工事が進んでいる。

 区議会交通臨海部活性化特別委員会に提出された資料によると、この土地の開発計画は「(仮称)インダストリアルパーク羽田計画」となっており事業者は以下の2事業所(資料参照)

○三井不動産(株)MEIP羽田(倉庫)
2018年3月着工、2019年6月竣工予定、
延べ床面積24492坪・地上5階

○ANA総合トレーニングセンター
2019年3月竣工予定、
延べ床面積17847坪・地上8階
640_20180202145454854_0001.jpg

平成29年9月7日に羽田、糀谷両地区の連合町会・自治会と、事業者と、区は地域からの要望を踏まえて協定書を締結している。特に地域住民の生活環境の安定と、交通安全対策について厳重な取り決めが行われた(資料参照)
640_20180202145445684_0001.jpg

羽田旭町地域は旧荏原製作所工場の跡にクロネコヤマトが大物流センターを開設。その際大型車両の出入りが1日2700台(区に示されたされた交通計画)となり、環8羽田旭交差点は時々大渋滞となっている。

また、ホテルが次々と建設されており、大型車以外にもバスや乗用車などの交通量も増加している。地域では交通対策、交通安全、大気汚染の不安などの思いは強まっている。

さらに、東糀谷地域は区道38号線の拡幅によって、現在は進入してこないが、交通量が増加することを心配している。隣接する都営6丁目アパート(約880世帯)は高齢者が多く暮らしており(高齢化率60・6%)交通事故も多い。

巨大な建物が出来上がる様子を毎日見ている住民からは「今まで通りに暮らしていけるのか。車の出入りが増えるのではないか。外に出るのが怖くなるのでは」との声がある。


nice!(0)  コメント(0)