So-net無料ブログ作成

大田病院田村院長から励ましのメッセージをいただきました。

大田病院院長の田村先生から、暖かい励ましの言葉をいただきました。

嬉しい、涙がでそうで堪えました。


大田病院の院長の田村です。

清水菊美さんは私が大田病院に研修医として就職したときは、管理栄養士として働いていて、栄養管理についていろいろ教わりました。食を通じて患者さんの治療がうまく進むように、早く元気になれるようにサポートをされていました。そして16年前、大田病院の理念である「命は平等」を区政にと反映させるため大田区議に立候補しました。

 

以来4期16年、保育園の増設、特別養護老人ホームの開設など私たちの暮らしに大きくかかわるところで着実に成果を上げてきました。今や、日本共産党の区議団の中だけではなく、大田区議会になくてはならない人材となりました。5期目に向けてますますやる気あふれています。安心して住み続けられる大田区のまちづくりのため、大田区議会に清水菊美さんを送り出していただきたいと思います。

 

大田区は70万近い人口の区です。この選挙は23区のうちの一つというだけでなく、夏の国政選挙にも大きな力を持っていると思います。この区議選が、大企業主導、沖縄に基地を押し付け、アメリカ言いなりになっている安倍政権に対してNOを突きつける機会にもなります。皆さんの一票でこの大田区から安倍政権打倒の声をあげましょう。

 

区長候補の神田 順さんとともに清水菊美さんは大田区政を変えていきます。どうぞよろしくお願いします。


nice!(0)  コメント(0)